個人事業主でもカードローンの利用は可能です

たくさんのカードローンがありますが、最近は個人事業主でも借りられるケースが少なくありません。
その理由のひとつが、個人事業主として働く人がとても多くなったからでしょう。

IT技術やインターネットなどにより、開業やフリーランスが出来るようになった現代、
とてもたくさんの人がフリーランスで働くことができています。
この場合、個人事業主であるということがマイナスに働くことはほとんどありません。

必要となる書類は

借りる際に欠かせないのが、身分証明と昨年の所得です。
特に去年の所得については証明できる書類をきちんと準備しておく必要があります。
また、この所得というのは会社の収入から各種経費を引いたもので、
確定申告などの際に申告した分と考えてもいいでしょう。

中には驚くほど審査の早いカードローンもあります。
そういったカードローンのほうが審査にひやひやする時間が少なくていいかもしれませんね。
その際、個人事業主だからといってどうこうというようなことはありませんが、
その代わり、ローンの利用可能額が低めに出るケースが少なくありません。

また、カードローン会社によっては、そもそも収入や所得が証明できない人には
貸せないという風になっているところもあります。
どうしてもそのカードローンを利用したいというのであれば、
所得証明などを準備しておいてもいいでしょう。

敬遠される場合もあるが

カードローンの場合は特に無担保での借り入れですから、
いろいろな人がそこで借り入れを行います。
主に給料での収入がある人が少なくありませんので、
カードローン会社の中には個人事業主というだけで敬遠するところもやはり存在します。
早く借りたいのであれば、そういったところは利用しないというのもひとつのポイントです。

もし、個人事業主になる前なのであれば、
カードローンの申し込みは就職している間に行ってしまいましょう。
カードローンは信頼を第一に考えるので、収入がない個人事業主ではなく、
会社にいて収入が一定あるとみなされる会社員の間のほうが審査が通りやすく、
枠も大きくとりやすいのです。

基本的にカードローンはアルバイトや主婦の方でも安定した収入があれば借入が可能です。
なので個人事業主であっても安定収入があれば借入が可能です。
就職する前にと言ったのは個人事業をはじめた当初から収入があれば良いのですが、
ない場合は借入を拒否されるケースも考えられるため 辞める前の方が借入しやすいという事です。