銀行系カードローンは総量規制の対象?

融資を受ける方法としては消費者金融のキャッシングなどは
とても便利な存在です。

でも、融資を受ける前には総量規制について
よく理解しておかなくてはいけません。

総量規制について理解しておく

これは貸金業者に対する規制となっており、
個人の借入を年収の総額の3分の1までに制限し、
借りすぎを防ぐものとなっています。

こうした規制ができたことで、借りすぎを防ぐのには
役立ってくれる反面、それ以上の資金が必要となるときは
やはり困ってしまうという方もいらっしゃるものです。

とはいえ、総量規制は全ての借入に適用されているというわけではありません。
総量規制の対象となっているのはいわゆるノンバンクと呼ばれる銀行以外の借入です。

それゆえに銀行の借入である銀行のカードローンは総量規制の対象となっていません。

銀行カードローンは総量規制に対象外

銀行のカードローンであれば、すでに消費者金融などで
総量規制まで借りれている場合も利用できることが多くなっています。

銀行系のカードローンは総量規制の対象になる

それから、気をつけたいのは銀行系カードローンという場合です。
この場合は銀行が傘下におく消費者金融が提供しているサービスの場合は
やはり規制の対象になりますので、申し込みの際にはよく確認しておきましょう。

利用しようとしているサービスが銀行のサービスなのか、
銀行系の消費者金融のサービスなのかは翌確認しておきたいものです。
基本的には賃金業法下なのか銀行法下での事業なのかで
総量規制の対象になるかならないかが決まります。