ソーラーローンと審査について

太陽光発電が脚光を浴びて住宅に取り付けようと考える人が増えています。
しかし太陽光発電システムは非常に高価なものであり、
安易に取り付けられる値段ではありません。

しかし長期的な利用を検討してローンを組んで取り付ける人が増えています。
その様なローンのことを太陽光発電ローン、通称でソーラーローンと呼んでいます。

ソーラーローンも通常のローンと同じく審査を受けることになります。

ソーラーローンの審査基準

ソーラーローンの審査基準はそれ程高いものではありませんが、
最低限満たさなければならない条件と言うものが存在しています。

まずは年齢制限があり、21歳以上71歳未満であることが必要です。
また、ローンであるために安定収入を得ており返済能力があることが必要です。
前年度収入で150~200万円ほどの収入があり、
3年以上の勤務実績か、事業実績があることも同じく必要な条件となっています。

ソーラーローンはその対象となる太陽光発電システムにもよりますが
概ね自動車を購入する程度の資金が必要となります。
それらを返済していく能力があると信用してもらうために
必要な最低限の水準が以上の用件となります。

ソーラーローンは基本的に保証人を必要としないローンですが、
その代わりに金融機関が保証する保証会社との契約を行わなければなりません。
万が一支払いが滞った場合は金融機関に変わって保証会社が取り立てに来る形になります。
実際には審査の内容によって連帯保証人を求められるケースもあります。