電子マネー

電子マネーというその言葉自体を知らないということは
ないかと思いますが意外とこの電子マネーを使っていますか?
と聞くと「使ったことがない」という人が多かったりします。
でも、そう答えた人に「電車のスイカやパスモは持ってます?」
ともう一度聞くと「あ、そっかこれも電子マネーですね」と
答えることが多いことを発見しました(笑)

こんな前おきから始まらせて頂きましたが電子マネーって一言でかたずけてしまうと
実感がわきませんがスイカやパスモのように日々使うものであればものすごく便利だと思います。
もう、私はかれこれ数年間東京で切符を買った記憶がありません。

電車だけでも便利ですが、意外と電子マネーとして登場している種類はたくさんあります。
マネーというくらいですから種類とは為替で言う「$」「¥」と いったものだと捉えるとわかりやすいでしょう。 電子マネーには大きく分けて方式にも2種類あります。
プリペイド型と、ポストペイ型と呼ばれており、前者が事前に
お金をチャージしておき後者が利用後に後で支払う形式となります。

プリペイド型
・楽天Edy
・WAON
・nanaco など
プリペイド型
・楽天Edy
・WAON
・nanaco など

代表的な電子マネーは上記にリンクしているWIKIPEDIAさんにて
参照されたいと思いますが、これらは各電子マネーがどこかの会社が管理しています。
それらは一見その会社でしか使えない様にも思えてしまうかと思いますが、そんなことはありません。

例えばクレジットカードですと、VISA、MASTER、JCB、アメックス
等の国際ブランドの加盟店であれば利用が可能といえばわかりやすいかと思いますが
電子マネーにも各社提携している店舗等にタッチして決済が可能な機械が
設置してあります。

国際的にみると日本の電子マネーはどうなのか?

実際の所、日本の電子マネーは種類が多すぎると感じています。
先ほどいったとおりクレジットカードのVISAの(VISA TOUCH)などが
世界共通の電子マネーになれば色々とスケールメリットも働いてくるのではないかと
思えてしまいますね。
これは、携帯電話でいうところのフィーチャーフォンとスマートフォンの
関係性に似ていると思います。日本はいつも独自の物を作りたがるんですかね?
良く言えば文化と言えるかもしれませんが。

ただ、今の所そういった点のデメリットが私自身も見当たりません。
各社の電子マネーは見方を変えればよく細分化されたという風にとらえることが
できると思うのです。

わかりやすいのが、冒頭で出てきたスイカやパスモだと思います。
(他の電子マネーにはない利便性が備わっていますので)

以上、電子マネーの紹介でした。