大口個人融資の種類についての基礎知識

大口個人融資には幾つかの種類があります。
個人的な融資を目的としたカードローンなどもその一つですが、
このようなサービスでは担保を用意する必要が無く、
保証人も無しで高額な借入ができるようになっています。

個人融資の場合で賃金業者からの借入は年収の3分の1までの融資に制限される

しかし、この大口個人融資には一定の基準があり、通常は年収の三分の一を超える融資は
できない事になっているのです。これは総量規制というもので、
貸金業法が適用される業者での借入れは、この規制の対象となります。

ビジネスローンの場合は総量規制対象外

しかし、個人と事業目的の融資は別の扱いとなり、ビジネスローンは総量規制の対象外で、
個人事業主の方への大口個人融資が可能になります。
その為、事業目的のビジネスローンでは、大口個人融資が可能になるのです。

銀行のカードローンは総量規制の対象外

又、この総量規制対象外の大口融資が可能なものには、銀行系の融資があります。
その為、銀行カードローンや銀行キャッシングはこの規制の対象外となり、
高額な融資が可能になるのです。

銀行の融資は貸金業法が適用されませんので、年収の三分の一を超える
高額な借入れが出来ます。
又、銀行系のキャッシングやカードローンのメリットである、
低金利で長期的な返済が可能であるというメリットも享受できるので、
高額な限度額を希望している方には金利負担の少ない理想的なサービスとなっているのです。
近年では、銀行系の大口個人融資の手続きの簡略化も進んでおり、
幾つかのサービスでは即日で融資を提供できるようになっています。

このようなサービスは通常の消費者金融系のキャッシングなどと比較しても劣らないもので、
非常に利用しやすい個人向け融資となっているのです。